レヴォーグの乗り心地と静粛性は?


※レヴォーグ 出典subaru.jp

 

新型のレヴォーグはダンパーが動く際のフリクションの変動を抑制し、減衰力の効きを良くしているので以前と比較して振動が抑えられて乗り心地は改善されました。

 

信号の多い街中の運転にも適しており、乗り心地が悪いという評価は少なかったのでファミリー向けの自動車なのかもしれません。

 

安定性重視のAWDシステムを取り入れていることもあり、優れた走行性能を発揮してくれるのが大きな特徴です。

 

実際に、レヴォーグの乗り心地でどのような口コミがされているのか下記ではご紹介しているので、一度チェックしてみてください。

 

・固めのサスペンションのセッティングだがガタガタと不快な突き上げはない
・舗装の荒い道路は揺れる感じがするが後部座席からの苦情は特にない
・自分にとっては心地良い感触で長時間でもレヴォーグならば運転できる
・5,000回転まで回しても振動が伝わってこないので乗り心地はかなり良い
・乗り始めは硬かったもののマイルドな乗り心地だと思う
・スポーティーな車にしては快適に走れるような気がする
・レヴォーグはファミリーカーとしても十分に通用するレベル
・走破性がかなり良く山道の運転でも不快感は一切ない
・個人的にシートの硬さが丁度良い

 

上記のように、乗り心地が良いと感じている方が多く、パフォーマンスの向上が見られます。

 

運転席だけではなく後部座席の感触も良好だからこそ、家族向けの車として使っている人が多いのかもしれません。

 

 

スバルのレヴォーグの静粛性について

 

スバルのレヴォーグは走りのしなやかさだけではなく、静粛性も格段にアップしております。

 

リヤシートでの静粛性を特に意識しており、ヨーロッパ市場に投入するために振動を抑えたり室内での会話明瞭度を高めたりしたようです。

 

レヴォーグの静粛性に関してどのような評価を得ているのか見ていきましょう。

 

・音は静かでスムーズに走ってくれる印象を受けた
・シートの素材が硬めで長時間の運転は疲れるが静粛性はかなり高い
・今まで乗っていたクルマよりも加速が良いのに静かだからビックリしている
・ボディ剛性感が高いから室内での会話に違和感を覚えることはない
・荒れた路面を走ると少々音が気になるが不快になるほどではない
・マフラーの交換を考えているが折角の静粛性が台無しになりそうだから怖い

 

走りやボディサイズだけではなく、静粛性の高さもレヴォーグの魅力の一つです。

 

ボンネットの吸音材やフロントガラスの角度にも拘っており、満足のいく一台なのは間違いないでしょう。

 

レヴォーグを安く買うなら、当サイトのレヴォーグ値引き交渉マニュアルをご参考ください!

 

 

レヴォーグの乗り心地に効く足回り

 


※レヴォーグ 出典subaru.jp

 

メーカー発表のレヴォーグ足回りのスペックです。

 

Fブレーキ ベンチレーテッドディスクブレーキ
Rブレーキ ベンチレーテッドディスクブレーキ
Fサスペンション ストラット式独立懸架
Rサスペンション ダブルウィッシュボーン式独立懸架
Fスタビライザー あり
タイヤサイズ 215/50R17 225/45R18

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2014-2018 スバル レヴォーグを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com