レヴォーグTOPレヴォーグ評価>レヴォーグ内装

スバル レヴォーグの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック


※レヴォーグ:subaru.jp

 

スポーティなスタイリングやターボエンジン搭載による優れた走行性能、全車に標準装備される安全運転支援システム「アイサイト」など魅力満載のスポーツワゴン、「スバル・レヴォーグ」の内装を徹底紹介します。

 

内装のコーディネイトは、グレードにより全3種類が用意されています。

 

また、上級グレードには専用本革シートが標準装備されます。

 

 

レヴォーグの内装の質感は?

 

レヴォーグの内装色

 

 

ドアトリム&ドアアームレストはグレードにより色と仕上げが異なります。

 

1.6GT アイサイトと1.6GT アイサイト S-スタイルがブラック(ステッチ無し)、写真の2.0GT-S アイサイトと1.6GT-S アイサイトがブラック+ブルーステッチ、2.0STI スポーツ アイサイトと1.6STI スポーツ アイサイトがボルドー/ブラック+レッドステッチとなっています。

 

一方、ドアスイッチパネルの仕上げは全車共通で、ピアノブラック調+シルバー塗装となります。

 

質感の面では、ステッチが施されない1.6GT系はやや素っ気ない雰囲気となるものの、決してチープではありません。

 

そしてステッチが施されるそれ以外のグレードは、かなり上質な雰囲気を醸すものとなっています。

 

 

レヴォーグのシート表皮・デザイン

 

〇1.6GT アイサイト/1.6GT アイサイト S-スタイル

 

 

表皮はファブリックとトリコットのコンビネーションで、シルバーのステッチが施されます。

 

フロントシート形状は「スタンダード」となります。

 

 

〇1.6GT-S アイサイト

 

 

表皮はファブリックとトリコットのコンビネーションで、ブルーのステッチが施されます。

 

フロントシート形状は「スポーツ」となります。

 

 

〇2.0GT-S アイサイト

 

 

表皮はウルトラスエードと本革のコンビネーションで、ブルーのステッチが施されます。

 

フロントシート形状は「スポーツ」となります。

 

 

〇1.6STI スポーツ アイサイト/2.0STI スポーツ アイサイト

 

 

表皮はメイン部に本革、サイド部やシートバック、ヘッドレストなどに合成皮革が用いられています。

 

色はボルドー/ブラックの2トーンで、レッドのステッチが施されます。

 

フロントシート形状は「スポーツ」で、ヘッドレストにSTIのロゴが入ります。

 

 

〇本革シート(※1.6GT アイサイト/1.6GT アイサイト S-スタイルにメーカー・オプション設定)

 

 

色はブラックで、シルバーのステッチが施されます。

 

 

〇本革シート(※1.6GT-S アイサイト/2.0GT-S アイサイトにメーカー・オプション設定)

 

 

色は上の写真のブライトパールと下の写真のブラックの2種類で、ステッチはいずれもブルーとなります。

 

フロントシートの座り心地は、GT系グレードに装備されるスタンダードタイプの場合は反発力が適切で快適である反面、サポート感はほどほどです。

 

一方、GT-S系およびSTI系グレードに装備されるスポーツタイプの場合は、本格的なバケット形状なのでコーナリング時にしっかり体を支えてくれる良さがある反面、かなり硬めなのでロングドライブでは体が痛くなるかもしれません。

 

また、リアシートの座り心地は、フロントと比較するとサポート感は不足気味ですが、反発力が適切でなかなか快適です。

 

 

レヴォーグのインパネ

 

〇1.6GT アイサイト/1.6GT アイサイト S-スタイル

 

 

インパネ加飾パネルはピアノブラック調+クロームメッキ仕上げ、インパネセンターバイザーはステッチ無しのレザー調素材巻で、メーターはブルールミネセントとなります。

 

また、フロントコンソールの色はブラックで、素材はプラスチックとなります。

 

 

〇2.0GT-S アイサイト/1.6GT-S アイサイト

 

 

インパネ加飾パネルはアルミ調+クロームメッキ仕上げ、インパネセンターバイザーはブルーステッチ入りのレザー調素材巻で、メーターはブルールミネセントとなります。

 

また、フロントコンソールの色はブラック、仕上げはレザー調素材巻+ブルーステッチとなります。

 

 

〇1.6STI スポーツ アイサイト/2.0STI スポーツ アイサイト

 

 

インパネ加飾パネルはピアノブラック調+クロームメッキ仕上げ、インパネセンターバイザーはレッドステッチ入りのレザー調素材巻で、メーターはレッドルミネセントとなります。

 

また、フロントコンソールの色はボルドー/ブラックの2トーンで、仕上げはレザー調素材巻+レッドステッチとなります。

 

質感の面では、GT系グレードは高級感に乏しいものの価格を考えれば頑張っている方です。

 

一方、ワンランク上の加飾が施されるGT-S系グレードとSTI系グレードは、かなりリッチな雰囲気が漂います。

 

 

レヴォーグの収納・荷室の使い勝手は?

 

レヴォーグ前席回りの収納

 

〇センタートレイ(ブルー照明付)

 

 

センタークラスター下部に、スマホなどが置けるトレイが設けられています。

 

滑り止めのマットが敷かれているほか、USB出力電源が2系統用意されるなど、気の効いた設計になっています。

 

ブルー照明は実用上あまり意味があるとは思えませんが、ムードを演出するアイテムとしては面白いかもしれません。

 

 

〇前席カップホルダー(スライドカバー付)

 

 

スライドカバーを開けると、2個分のカップホルダーが出現します。

 

また、その横にスマホなどを置ける滑り止めマット付の小物入れが備わります。

 

スライドカバーは見た目は良いですが、実用的な部分ではカップホルダーの間仕切りを取り外して、小物入れとして活用できるような工夫が欲しかったところです。

 

 

〇フロアコンソールボックス

 

 

センターアームレストを引き上げると、電源ソケットや各種ホルダーが備わるボックスが出現します。

 

容量はそれほど大きくないものの、こちらも滑り止めのシートが敷かれています。

 

 

〇フロントドア大型ポケット(ボトルホルダー付)

 

 

左右のドアに、500mlのペットボトル1本とスマホなどの小物が収容できるポケットが備わります。

 

底面には、滑り止めのファブリックが張られています。

 

前席の収納はこれらのほかに大容量のグローブボックスがあるので、小物類に関しては十分と言えそうです。

 

しかし、ボックスティッシュなどの大きめな物は置き場に困ってしまいます。

 

 

レヴォーグ後席の収納

 

〇リヤシートセンターアームレスト(カップホルダー付)

 

 

リヤシート中央席のシートバックに、2個分のカップホルダーが備わる折り畳み式アームレストが内蔵されています。

 

後席の収納は、このほかにドアポケットやフロントシートバックポケット、左右席のコートフックが備わります。

 

3名乗車時はリヤセンターアームレストが使用できなくなるので厳しくなりますが、2名乗車時なら十分と言えそうです。

 

 

レヴォーグの荷室サイズは?どのくらい積める?

 

〇5名乗車時

 

 

開口部最大幅は1,115mm、高さはリヤシート直後で770mmです。

 

荷室フロア長は1,070mm、フロア幅は1,080mmで、9インチのゴルフバッグが2個積めます。

 

 

〇4名乗車時

 

 

中央席のアームレストを倒せば、その部分に長さ1,632mmまでの長尺物を積むことができます。

 

 

〇2名乗車時

 

 

標準的なサイズの自転車を1台横に寝かせた状態で積むことができます。

 

 

〇サブトランク

 

 

2分割フロアボードの前側を外せば7lの、奥側を外せば33lの収納スペースが出現します。

 

荷室サイズはこのセグメントのワゴンとしては十分なので、大きな不満は出ないはずです。

 

 

レヴォーグの内装まとめ

 

内装の質感は価格を考慮すれば上等で、かつてのスバル車からは長足の進歩を遂げています。

 

シートの出来も国産車としては優れた部類に属しますが、スポーツタイプのフロントシートは少し硬すぎる感があります。

 

収納は決して多い方ではなく、もうひと工夫欲しかったところ。

 

一方、荷室スペースはフロアがフラットになる点や開口部の大きさも含め、とても満足できるものです。

 

 

下取り車があればレヴォーグSTIがさらに安くなる!

 

レヴォーグのグレードが決まってレヴォーグを購入するとなったら、気になるのは購入価格ですよね。

 

もし下取り車があるなら、レヴォーグがさらに安く買えるチャンスがあります。金額にすると10万~30万円ほど安くなることも。

 

値引きとは別に下取り車も高く売って、レヴォーグを安く買いましょう!

 

 

ディーラーの下取り金額は安く見積もられている?

 

気を付けておきたいことがあります。

 

それはディーラーの下取り金額は安く見積もられている事があるためです。

 

何故かと言うと、ディーラーの査定は業界規定の査定ブックに載っている基準の査定金額をベースにして、車の状態を見ながら減点方式で査定金額を出します。

 

この査定ブックを基準とした査定金額だと、現在のリアルタイムの中古車相場が価格に反映されません。

 

中古車市場で人気があったり、古くても根強い需要のある車種は、規定の査定ブックよりも高い金額を付けることが出来ます。

 

しかしディーラーでは、買取店が利用するような中古車オートオークションの相場(中古車市場の相場)を見ないで査定ブックの金額を見るので、ディーラーの下取り金額は安く見積もられてしまうのです。

 

 

【私の実体験】ディーラーの下取り金額をアップさせるには?

 

安く見積もられているディーラーの下取り金額をアップさせるためには、愛車の現在の中古車市場の相場を知る事です。

 

以前、私のフィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。下取り金額は76万円です。

 

ディーラーの下取り金額は低く見積もられていることは知っていたので、ディーラーだけではなく買取店にも査定してもらいました。

 

いつも利用している買取店の査定サイトなら、申し込むと自分の車の買取相場が表示されます。

 

そこで申し込んでみると・・・

 

 

査定

 

ディーラーの下取り金額76万円より、20万円も高い相場でした。

 

契約の時に「買取店は96万円が相場ですよ?」と伝えると、「買取店と同じ96万円にします。今回だけ特別ですよ?」と、ディーラーも96万円に合わせてきたのです。

 

出来るなら最初からやって欲しかったですが・・・^^;

 

この時したことは、査定サイトの買取相場をディーラーへ伝えただけで20万円もアップしたので、下取り車があるならさらにレヴォーグを安く買うことが出来るでしょう。

 

一応96万円で契約しましたが、この後査定サイトで申し込んでいた買取店にも見てもらうので、「買取店に売るかもしれないので、下取り無しになるかもしれません」と伝えました。

 

買取店に売らなくてもディーラーの96万円は保証してもらって、契約しました。

 

 

買取店で査定してもらった結果・・・

 

その後買取店で見てもらうと、ディーラーの96万円よりも更に高い108万円になりました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

結局最初のディーラー下取り金額の76万円から32万円の上乗せとなりました。

 

何も知らずに最初の下取り金額で決めていたら、32万円損したことになります。買取店に査定してもらって正解でしたね。

 

この時利用した査定サイトは「かんたん車査定ガイド」です。1分ほどの入力後、すぐに画面上に愛車の買取相場が表示されるので、相場を調べたりディーラーの下取り金額との比較にも便利です。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

レヴォーグの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのレヴォーグ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がレヴォーグを限界値引きで購入しています。

 

今月のレヴォーグの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>レヴォーグ値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2014-2018 スバル レヴォーグを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com