レヴォーグの走りはどんな感じ?


※レヴォーグ 出典subaru.jp

 

スバルが製造しているステーションワゴンがレヴォーグで、運動性能や振動騒音で他社に勝つことをコンセプトとして掲げておりました。

 

スバルの新しい主力車種と言っても過言ではなく、走行性能も格段に良くなっております。

 

以下では、レヴォーグにどのような走行性能があるのかご説明しているので、一度チェックしておきましょう。

 

・直噴式のターボ(DIT)エンジンを搭載しており、最高出力は170馬力(4,800~5,600回転)
・排気量からは想像できないパワーを秘めていながら低燃費が実現されている
・コンパクトな新リニアトロニックをトランスミッションとして採用しており、効率性を向上させている
・アイドリングストップによって無駄な燃料の消費を自然に抑えている
・SI-DRIVEの搭載でエコに配慮したインテリジェントモードと、軽快な加速を楽しめるスポーツモードを気分に合わせて変えられる
・新世代アクティブトルクスプリットAWDの採用で、カーブに進入した際の安定性を高めている

 

走りの性能だけではなく、環境性能を両立させているのがレヴォーグの大きな特徴です。

 

自動車全体のスペックを高められるように努力しており、新時代のパフォーマンスとしてレヴォーグが登場しました。

 

全体的なバランスを重視して作られているため、レヴォーグならば満足のいく走りが期待できるはずです。

 

 

レヴォーグの走り具合について

 

スバルのレヴォーグが走り具合に関してどのような評判を得ているのか、以下ではご紹介しているので一度参照してみてください。

 

・街乗りでの滑らかな走り具合がレヴォーグのお気に入りポイント
・加速のレスポンスが良くスイスイと曲がってくれるのも良い
・MTやATと比較してみるとダイレクト感に欠ける気がした
・四輪がしっかりと地面を捉えてくれるので高速道路での安定性は抜群に良い
・短距離の街乗りでは1リットル当たり10kmくらいの燃費で及第点といった感じ
・シンメトリカルAWDが搭載されているからなのか雪道でも安定して走ってくれるので驚いた
・大きくうねるような道路ではフワフワして落ち着かない印象を受けた
・ステアリングがソフトで遠出するのが楽しくなる一台だと思った

 

上記のように、実際に乗ってみた方の走り具合に関する評価は高く、コーナリングや加速は問題ないようです。

 

自動ブレーキといった運転支援システムのアイサイト(ver.3)も搭載されており、レヴォーグの特徴の一つかもしれません。

 

レヴォーグを安く買うなら、当サイトのレヴォーグ値引き交渉マニュアルをご参考ください!

 

 

レヴォーグのエンジンスペック

 


※レヴォーグ 出典subaru.jp

 

スバル発表のレヴォーグのエンジンスペックです。

 

排気量 1599ccターボ
最高出力 125KW[170PS]/4,800-5,600rpm
最大トルク 250N・m[25.5kgf・m]/1,800-4,800rpm
燃費 16.0-17.6km/L

 

排気量 1998ccターボ
最高出力 221KW[300PS]/5,600rpm
最大トルク 400N・m[40.8kgf・m]/2,000-4,800rpm
燃費 13.2km/L

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2014-2018 スバル レヴォーグを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com