レヴォーグTOPレヴォーグ評価>レヴォーグ4WD性能

レヴォーグの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

レヴォーグ 4WD 性能
※レヴォーグ:subaru.jp

 

スバルのスポーツワゴン「レヴォーグ」は、安全性の向上とともに、4WDによる走行性能を、サスペンションと電動パワーステアリングの改良により、乗り心地や操縦安定性、操舵フィーリングをさらに高めています。

 

パワフルなエンジンとAWD(4WD)によるレヴォーグの、たぐいまれな走行性能は定評がありますが、日常使いにおいての雪道での走行性能はどうなのでしょうか?

 

また、スポーツモデル故に無視されがちな燃費は、実際にはどうなのでしょうか?

 

そこで、ユーザーの声を調べた実燃費や雪道の走行性能を徹底評価してみました。

 

 

 

 

レヴォーグ4WDのグレード価格は?

 

レヴォーグは1.6L車、2.0Lの全てがAWD(4WD)という車種で、グレード体系は、2.0L車が2グレードに加え、1.6L車は4グレードになっています。

 

レヴォーグは大きく分けて1.6Lと2.0Lの二つに分けられます。

 

そして、運転支援システムの「アイサイト」はすべてのグレードに装備されているので、グレード名にはすべて「アイサイト」が付き、ベースグレードは1.6GT EyeSightとなります。

 

グレード名

価格(円)

1.6GT EyeSight 2,829,600
1.6GT EyeSightS-style 2,926,800
1.6GT-SEyeSight 3,078,000
1.6STI SportEyeSight 3,564,000
2.0GT-SEyeSight 3,618,000
2.0STI SportEyeSight 4,050,000

 


レヴォーグ4WDの装備の差

 

1.6L車と2.0L車の装備で最も大きな差は、トランスミッションと、4WDシステムの違いになります。

 

トランスミッションは全車リニアトロニックを採用、2.0L車は高出力エンジンに対応した「スポーツリニアトロニック」となり、4WDシステムは、全車シンメトリカルAWDですが、1.6L車は電子制御方式の「アクティブトルクスプリットAWD」です。

 

2.0L車は不等&可変トルク配分電子制御方式の「VTD-AWD」となります。

 

そして、1.6L車と2.0L車に設定される「STI」は、走りのパフォーマンスの進化に加え、専用内外装を採用した最上級グレードになります。

 

 

ライバル車との比較

 

全車4WDの車種はSUVであっても珍しく、さらにハイパワーのスポーツワゴンとなると、同クラスにライバルとなる車種は存在しません。

 

価格を別にすればボルボの 「V60 Cross Country」が近いと思われますが、スポーツワゴンではなく、どちらかというとSUVに近いタイプ。

 

BMWの「X3 xDrive」はスポーツワゴンといえますが、パフォーマンスもレヴォーグほどではなく、価格も6,390,000円からと高額になります。

 

 

カローラフィールダー

国産車では、トヨタ「カローラフィルダー1.8S」です。

 

レヴォーグには及びませんが、ハイブリッド車よりもスポーツ性が高く、レヴォーグの1.6L車より60万円以上安いのが魅力です。

 

 

アベシンス

また、「アベンシス」も欧州生産のスポーツワゴンと言えるでしょう。

 

 

レヴォーグ4WDの実燃費は?

 

〇 レヴォーグ4WDのカタログ燃費  

 

1.6L:16.0㎞/L
2.0L:13.2㎞/L

 

1.6L車は125ps、2.0L車は221ps、最大トルクの差150N・mという性能差を考えれば、この燃費の差は当然と考えていいでしょう。

 

むしろ、これくらい差がなければ1.6L車のオーナーは納得しないかもしれません。

 

1.6L車を選ぶ人は、圧倒的なパワーもほしいけれども、乗用車としての実用性も求めています。

 

購入価格が割高なのは仕方ないとして、普段使いが中心になりますので、燃料代を考えるとカタログ燃費の16.0㎞/Lは、許容範囲ギリギリといえるでしょう。

 

 

〇 レヴォーグ4WDの実燃費

 

1.6L車(e燃費):10.74㎞/L
2.0L車(e燃費):10.91㎞/L

 

1.6L車レギュラー(みんカラ):11.34㎞/L
2.0L車ハイオク(みんカラ):11.00㎞/L

 

実燃費では排気量による差がほとんどありません。

 

しかし、2.0L車は無鉛ハイオクガソリンを使用するため、たとえ燃費が同じであってもランニングコストには大きな影響があります。

 

 

レヴォーグのライバル車の燃費

 

〇 カタログ燃費

 

カローラフィルダー1.8S:16.6㎞/L
アベンシス:14.6㎞/L

 

このトヨタの2車はFFながらも、4WDのレヴォーグとほぼ同じ燃費であり、レヴォーグが圧倒的なパワーを持つ車種でありながらも、低燃費も両立させていることがわかります。

 

 

〇 実燃費

 

カローラフィルダー1.8S(e燃費):10.66~13.16㎞/L
アベンシス(e燃費):9.66~12.72㎞/L

 

カローラフィルダー平均( みんカラ ):13.73㎞/L
アベンシス2.0L(みんカラ):12.87㎞/L

 

カタログ燃費同様にレヴォーグと同様の燃費水準です。

 

しかも、アベンシスはレヴォーグの2.0L車と同じく、無鉛ハイオクガソリンを仕様するのです。

 

 

レヴォーグ4WDの雪道の走行性能は?

 

レヴォーグは、水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)のパワートレーンで構成された独自のAWDシステムを装備しています。

 

重心位置が低く、前後左右の重量バランスに優れ、悪路では深い安心感を、高速道路では疲労の少ない安定した走りを、コーナーでは心躍るスポーティなハンドリングを提供しています。

 

もちろん雪道にもその威力は発揮されますが、凍結路や圧雪路面での話です。

 

いくらレヴォーグ4WDでも、大雪後の路面は危険ですね。

 

SUVのように最低地上高に余裕がないので、大雪が降った後のような積雪路面では、いかに優れた4WDシステムを持つレヴォーグでも、腹が付けば無意味、さらにはタイヤハウスとタイヤの隙間もSUVほど広くないため、雪が詰まってしまうことも。

 

スバルの4WDといっても、レヴォーグの場合は雪道や悪路を走破する目的のものではなく、あくまでオンロードでのスポーツ走行を目的としているということを忘れてはいけません。

 

 

レヴォーグの4WDのまとめ

 

世界中で売られている車の94%が4WDという世界でもまれなメーカーであるスバル。主な販売先でもある北米市場も冬場は積雪や凍結することが当たり前のマーケットです。

 

だからこそ認められたスバルの4WD車ですが、レヴォーグはWRXを元とするスポーツワゴンであることから、フォレスターやアウトバック、そしてXVのようなSUVとは性格が異なり、さりとてインプレッサのような実用的な生活四駆でもありません。

 

目的はターボパワーを生かした舗装路面での爽快なドライビングです。

 

このことを忘れずにいることが重要で、スバルの4WDだから雪道も問題ないと思うと、思わぬ事態になりかねません。

 

 

下取り車があればレヴォーグSTIがさらに安くなる!

 

レヴォーグのグレードが決まってレヴォーグを購入するとなったら、気になるのは購入価格ですよね。

 

もし下取り車があるなら、レヴォーグがさらに安く買えるチャンスがあります。金額にすると10万~30万円ほど安くなることも。

 

値引きとは別に下取り車も高く売って、レヴォーグを安く買いましょう!

 

 

ディーラーの下取り金額は安く見積もられている?

 

気を付けておきたいことがあります。

 

それはディーラーの下取り金額は安く見積もられている事があるためです。

 

何故かと言うと、ディーラーの査定は業界規定の査定ブックに載っている基準の査定金額をベースにして、車の状態を見ながら減点方式で査定金額を出します。

 

この査定ブックを基準とした査定金額だと、現在のリアルタイムの中古車相場が価格に反映されません。

 

中古車市場で人気があったり、古くても根強い需要のある車種は、規定の査定ブックよりも高い金額を付けることが出来ます。

 

しかしディーラーでは、買取店が利用するような中古車オートオークションの相場(中古車市場の相場)を見ないで査定ブックの金額を見るので、ディーラーの下取り金額は安く見積もられてしまうのです。

 

 

【私の実体験】ディーラーの下取り金額をアップさせるには?

 

安く見積もられているディーラーの下取り金額をアップさせるためには、愛車の現在の中古車市場の相場を知る事です。

 

以前、私のフィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。下取り金額は76万円です。

 

ディーラーの下取り金額は低く見積もられていることは知っていたので、ディーラーだけではなく買取店にも査定してもらいました。

 

いつも利用している買取店の査定サイトなら、申し込むと自分の車の買取相場が表示されます。

 

そこで申し込んでみると・・・

 

 

査定

 

ディーラーの下取り金額76万円より、20万円も高い相場でした。

 

契約の時に「買取店は96万円が相場ですよ?」と伝えると、「買取店と同じ96万円にします。今回だけ特別ですよ?」と、ディーラーも96万円に合わせてきたのです。

 

出来るなら最初からやって欲しかったですが・・・^^;

 

この時したことは、査定サイトの買取相場をディーラーへ伝えただけで20万円もアップしたので、下取り車があるならさらにレヴォーグを安く買うことが出来るでしょう。

 

一応96万円で契約しましたが、この後査定サイトで申し込んでいた買取店にも見てもらうので、「買取店に売るかもしれないので、下取り無しになるかもしれません」と伝えました。

 

買取店に売らなくてもディーラーの96万円は保証してもらって、契約しました。

 

 

買取店で査定してもらった結果・・・

 

その後買取店で見てもらうと、ディーラーの96万円よりも更に高い108万円になりました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

結局最初のディーラー下取り金額の76万円から32万円の上乗せとなりました。

 

何も知らずに最初の下取り金額で決めていたら、32万円損したことになります。買取店に査定してもらって正解でしたね。

 

この時利用した査定サイトは「かんたん車査定ガイド」です。1分ほどの入力後、すぐに画面上に愛車の買取相場が表示されるので、相場を調べたりディーラーの下取り金額との比較にも便利です。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

レヴォーグの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのレヴォーグ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がレヴォーグを限界値引きで購入しています。

 

今月のレヴォーグの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>レヴォーグ値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2014-2018 スバル レヴォーグを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com