レヴォーグ

レヴォーグを買取相場の上限で売る!

ネット上で概算査定金額が分かります

レヴォーグを下取りで売るか買取で売るか?

 

レヴォーグを売るなら下取りがいいのか、買取がいいのかどちらがいいのでしょうか?

 

下取りも買取もそれぞれのメリット、デメリットがあるので、それぞれの事情を考慮して後悔しない方を選びたいですね。

 

以下、下取りと買取のメリット・デメリットを紹介します。

 

 

レヴォーグを下取りで売るメリット・デメリット

 

レヴォーグを下取りで売るメリット
・車購入と同時に手続きするので、手間が掛からない。書類の用意が一度で済む。
・次の車が納車になるまで、今の愛車に乗ることが出来る。
・新型車など値引きするのが厳しい車種を買う場合、値引きの上乗せとして査定額がアップする事がある。
・買取店では値が付かない過走行車、低年式車、不人気車などでも値引きの一環として金額を付けてくれる事がある。

 

レヴォーグを下取りで売る最大のメリットは、手続きの手間が掛からず、次の車の納車まで乗っていられることでしょう。

 

お店の言う通りの書類を用意して出すだけで、次の車の購入手続きと一緒にレヴォーグを売ることが出来ます。また通勤で利用している人は、車がなくなると困るので、次の車の納車まで乗っていられる事は重要ですね。

 

他にも下取りに出すメリットは、値引き額の上乗せが出来る事です。新車の値引き額に加えて、レヴォーグの下取り査定額に上乗せして総支払額を下げる事が出来ます。

 

ただこの場合は、レヴォーグの買取相場をきちんと把握しておかなければいけません。

 

ディーラーの査定だけでは、レヴォーグの正確な中古車市場の相場を知る事が出来ません。買取店にもレヴォーグを査定してもらい、ディーラーのレヴォーグの査定額が適正かどうか、しっかりと損得勘定をしましょう。

 

レヴォーグの買取相場と査定金額の損得勘定をした上で、新車の値引き額が多ければ、下取り査定額の上乗せ分は中身の濃い値引きと言えます。

 

 

レヴォーグを下取りで売るデメリット
・一般的に買取店よりも査定金額が低くなる。
・人気の車種や人気のオプションパーツ、社外パーツが査定額に反映されにくい。
・自社メーカー以外の車種は査定額が低くなりやすい。
・値引きと査定額が混同され、本当に安く買えたか分かりにくい。
・通常下取りは次の車の購入代金に充てられ、現金化することが出来ない。

 

レヴォーグを下取りで売る場合のデメリットは、全体的に査定金額が低くなりやすい事です。

 

通常は査定書に載っているレヴォーグの標準的な査定金額を提示され、何も言わなければそのままレヴォーグは下取りされていきます。

 

この査定書(査定士が利用する業界のイエローブック等)には、年式や走行距離から算出した金額が乗っています。それに車の状態を見て査定した評価を加えて、レヴォーグのディーラー査定の金額が算出されます。

 

レヴォーグの中古車市場での人気をダイレクトに反映させたり、多数のオプションが付いていても考慮されにくく、プラス査定になりにくいです。仮にプラスされても買取査定と比べてプラス幅が小さくなってしまいます。

 

また新車の値引きとレヴォーグの査定金額が混同される事があります。

「○○万円安くしたので契約してください!」と言われ契約します。いざその内容を見てみると、新車の値引きは低くてレヴォーグの査定金額が最初の金額からアップされただけだった、と言う事があります。

 

結果、安く買えたのか分からないと言う事になりかねません。

 

 

レヴォーグを買取で売るメリット・デメリット

 

レヴォーグを買取で売るメリット
・中古車市場の相場をダイレクトに反映させるので、一般的に下取りよりも高く売れる。
・純正オプションや社外品のエアロなどもプラス査定になる。
・買取店によっては得意な車種があるので、その車種なら高値で売ることが出来る。
・買取だけではなく、販売もしている買取店なら直接ユーザーへ販売できるので、中間マージンが発生せずその分買取金額に回すことが出来る。
・下取りでは計上される「査定費用」や「下取り代行費用」が掛からない。(無料)
・車を現金に変えることが出来る。
・海外への輸出も行っているので、海外で人気の車だと、日本の相場よりも飛び抜けて高く売れることがある。
・売る時は車を引き取りに来てくれる。

 

レヴォーグを買取で売るメリットは、何と言っても下取りよりも高く売れることでしょう。

 

買取店は、リアルタイムの中古車市場の相場を買取金額に反映させるので、人気の中古車だったり、年式の新しいレヴォーグなら、高値で売ることが出来ます。

 

レヴォーグは中古車市場でも人気の車種なので、買取相場が高い車です。買取店で査定してもらえば、下取りで売るよりも高い査定金額が付く可能性は非常に高いです。

 

またレヴォーグは買取相場の下落が穏やかなので、よほど距離を走っていたり修復歴がなければ、高年式で売っても大きく値を落とす心配がありません。

 

中古車販売店の中には、スバル車をメインで売っている販売店もあります。そのような中古車販売店にレヴォーグを直接売れば、高値で買取ってくれるケースも有ります。

 

 

レヴォーグを買取で売るデメリット
・新車購入と同時進行なら、購入と売却で手間が増えてしまう。
・契約したら短期間で車を手放さなければならないので、買い替えの時に車が無い期間が出来てしまう。
・買取でそれなりに高く売ろうとすると、交渉が必要になる。
・稀なケースでは、業者によっては車を引き取った後に再査定され、減額される事もある。

 

レヴォーグを買取で売るデメリットは、新車へ買い替えの場合は手間が増えてしまうことです。

 

新車購入のため、ディーラーに出向いたり書類等の手続きを進める一方で、買取店とも商談して、レヴォーグを売る手続きをしなければなりません。時間をロスしてしまうデメリットがあります。

 

買取店はリアルタイムの買取相場から買取金額を提示してくるので、基本的にレヴォーグは早く買取店へ引き渡さなければいけません。

 

車の引き渡しが1ヶ月も先になってしまうと、レヴォーグの買取相場が変動してくるので、買取金額の保証ができません。

 

買取店へレヴォーグを売った後も車が必要な場合は、新車購入時にディーラーで代車を用意してもらえるように交渉すると良いでしょう。

 

また買取店でもお店によっては代車を用意してくれる所があるので、商談時に確認すると良いです。代車をレヴォーグを売る条件に入れてもいいでしょうね。

 

次の車の納車までレヴォーグに乗るなら、納車間際になってから買取店に査定してもらいましょう。

その際は、ディーラーの下取り金額は保証してもらい、納車間際になってから買取店へ売っても良い事をディーラーに了承してもらいます。新車購入時ならほとんど問題なく了承してくれます。

 

また、非常に稀なケースですがレヴォーグを売って引き取ってもらった後に、再査定が行われ減額される事が稀にあります。

 

もちろん、レヴォーグを買取店に引き渡すまでの間に、査定時にはない不具合が発生したら、減額もあり得ます。

 

しかしそうでない場合、買取店が査定時に見落としていた部分に関して減額を求められるケースが有ります。これは契約書に、そう言ったケースもあると小さく書いてある場合があります。

 

このケースは非常に稀です。管理人もこれまで25年以上の間に20台以上車を買取店に売って来ましたが、再査定のケースは1度もありませんでした。

 

ただそう言った話も聞くので、契約時には再査定が無いことをよく確認して、契約するようにしましょう。

 

 

レヴォーグを高く売るなら買取!

 

レヴォーグ

 

下取り・買取それぞれにメリット、デメリットがありますが、レヴォーグを売るならどちらに売った方が良いのでしょうか?

 

管理人は断然買取店をおすすめします。なぜならレヴォーグが高く売れるからです。

 

レヴォーグは中古車市場で人気が高いです。年式に関係なく、よほどの事がなければ買取相場は高値で安定していくでしょう。

 

そう言ったレヴォーグの中古車市場での人気が買取査定に反映されて、場合によっては下取りよりも10~20万円以上買取店の方が高く売れる事があります。

 

高く売るには複数の買取店へ査定してもらう必要がありますが、その手間を惜しんで10万円以上も損をしたくはありませんね。

 

注意したいのは、ただ複数の買取店へ査定してもらっても、営業マンのセールストークを聞かされて、正直疲れるだけです。買取店に査定してもらうだけでは、買取相場の上限でレヴォーグを売ることは出来ません。

 

当サイトのレヴォーグ高価買取りマニュアルをご参考いただければ、そんなセールストークに負けず、簡単に早ければ1日でレヴォーグを買取相場の上限で売ることが出来ます

 

1日で下取りよりも10万円高くレヴォーグが売れたら、その手間を時給換算すればもの凄い額になりますね(笑)

 

 

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2014-2018 スバル レヴォーグを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com