レヴォーグ

レヴォーグを買取相場の上限で売る!

ネット上で概算査定金額が分かります

レヴォーグの買取額が高くなるポイント

 

レヴォーグを査定する上で、レヴォーグの買取金額が高くなるポイントがいくつかあります。

 

このポイントを抑えておけば、レヴォーグの買取相場から自分の車がどの程度高くなるのか、また安くなるのかの予測を立てる事ができます。

 

レヴォーグの買取金額アップのセールスポイントを把握しておけば、買取店に売る時に有利になる材料をアピールすることが出来ますね。

 

 

年式・走行距離

 

レヴォーグの査定では、年式と走行距離は買取金額を決定するための割合が大きい部分です。

 

年式は、1年古くなるごとにレヴォーグの基準の査定金額が下がっていきます。いわゆる年落ちと言われる部分です。

レヴォーグを12月に売るのと、1月に売るのとでは、買取金額に影響してきます。

 

実際には、レヴォーグの中古車を販売して年内にユーザーに納車できない時期なら、年落ちが考慮されて査定額は下がる傾向です。

 

年落ちを気にするなら、11月~12月上旬までにはレヴォーグを売ってしまいましょう。

 

走行距離は、基本は1年1万キロまでの走行距離ならプラスマイナスゼロの査定評価になります。

この1年1万キロの基準は5年までで、6年で6万キロ走るとマイナス査定評価、10年7万キロ以上でもマイナス評価になります。

 

なので走行距離によるプラス査定になるポイントは、新車のレヴォーグから5年までは年間1万キロ以下、6年位上は年間約7千キロ以下の走行距離と覚えておくと良いでしょう。

 

 

人気のグレード

 

 

買取金額が高くなるレヴォーグの人気グレードは、2.0GT-Sアイサイト、1.6GT-Sアイサイト、特別仕様車などです。

 

レヴォーグはどのグレードでも安定した買取相場があるので、新車価格が高いグレードほど買取相場も高くなっています。

 

レヴォーグの特別仕様車は人気があるので、通常グレードよりも値落ち率が若干低く、買取金額も高くなる傾向です、

 

新車価格からの値落ち率を見ると、特別仕様車を除けば「1.6GTアイサイト」が一番リセールバリューが高くなるかもしれませんね。

 

追加された1.6 STI スポーツ アイサイトの買取相場も高くなるでしょう。2.0STIもありますが、リセールで言えば1.6STIの方が有利でしょう。

 

 

人気のボディカラー

 

レヴォーグ

 

レヴォーグで人気の色は、ブラックホワイトが特に人気を集めています。どの車でも白と黒は人気ですが、やはりレヴォーグでも人気で、白と黒なら買取相場も高めでプラス査定が期待できるでしょう。

 

黒、白の次に人気の色はブルーグレーです。ブルーグレーは新車でよく売れていますが、査定は白、黒より低くなってしまいます。

 

そして赤や、シルバーと言ったカラーは若干買取相場が下がってしまいます。

 

ただスバルSTIのイメージカラーが青なので、青を好んで購入するスバルファンもいます。査定に関してはその時の中古車市場での人気による所がありますが、ブルーならプラス査定もあります。

 

 

人気の装備

 

 

レヴォーグに人気の装備が付いていると、中古車として売りやすくなるため、買取相場が高くなります。全体的にバランスよくまとまっていると、高査定が期待できます。

 

レヴォーグのプラス査定になる人気装備は、メーカーオプションのサンルーフ本革シート、純正オプションのエアロパーツ、アルミホイール、ナビなどは、査定時にはプラスになります。

 

またSTIのパーツも人気があるので、レヴォーグにSTIのエアロパーツやアルミホイールが付いていると価値があがり、買取金額も高くなります。

 

エアロやアルミホイールは社外品でもかっこ良くまとまっていれば、買取店にて評価されプラス査定が可能です。

 

レヴォーグを本当に高く売るなら、当サイトのレヴォーグ高価買取マニュアルをご参考ください。初心者でも簡単にレヴォーグを買取相場の上限で売る方法を紹介しています。

 

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2014-2018 スバル レヴォーグを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com